月の土地を結婚相手となるあの人へ送りました

月の土地をここで激安で購入しました!

 

愛する人への永遠の贈り物として月の土地が人気です

聞いてください!
私、月の土地を恋人からプレゼントされました!

 

月の土地ですよ?

 

ずっと前にアメリカで、「星」を購入して自分の名前をつけることができるというようなニュースは読んだことがありましたが、なんと、月の土地が購入できるとは、考えたこともありませんでした。

 

そもそもそういうのって、アメリカのセレブとか有名人だけがすることかと思っていましたので。

 

でも、今は、月の土地を購入して愛する人にプレゼントするというのは、一般的にも流行っているのだそうです!

 

しかも、オンラインでは、いろいろなサイトがあるようで、例えばこのサイトだと、月の土地だって低価格で激安に購入できるみたいです。

 

月の土地購入

 

月の土地をプレゼントされて、そんなことができるんだーと、とても感動しました。

 

そして、恋人の愛の深さをしみじみと感じました。宇宙のように大きい愛をもらったようで、涙が出るほど嬉しかったし、恋人の思いを確認した次第です。

 

月の一部をプレゼントされるなんて、思っても見ませんでしたので、一生の記念となりました。

 

そして、私がこの人とずっと一緒にこの先の人生を過ごしたい、と確認したのは、この月の土地のプレゼントをもらってからです。

 

大切な人には、月のプレゼントが最高だと思います

 

月の土地プレゼント、最高にロマンチックな出来事に思わず涙しました!

 

夢のギフトとして人気の「月の土地」ですが、「月の土地」の権利書には日付を入れることが出来るので、記念日を入れてのプレゼントが可能になります。          

 

満月の日、夜空を眺めるのが楽しくなるそんな素敵な贈り物だと思います。

 

月の土地購入

バレンタインデーギフトにも月の土地

体験談口コミーその1(20代男性)

 

僕が月の土地をもらったのは、昨年のバレンタインデーのギフトでした。彼女が嬉しそうに「とってもいいものがあるのよ」と目を輝かせていたのを覚えています。 何かな?とわくわくしました。「はい」と手渡されて開けた時の驚きは、それはそれは相当のものでした。 だって、月の土地の権利書がもらえるなんて、誰も想像していませんでしたからね。本当にびっくりしました。 嬉しかったですね。 日本で不動産なんてまだ持ったことがないのに、地球を飛び越えて宇宙の果てにある月の土地だなんて、感動しました。 今年は、火星の土地を二人の名義で購入したいとリクエストしてあります。 その彼女とは今年の夏に結婚する予定です。二人で一緒に所有する喜びは果てしないものです。

 

バレンタインデーギフトには、この「月の土地」は最適だと思います。

 

 

体験談口コミーその2(30代男性)

 

結婚3年目になるサラリーマンです。まだ子どもはいません。 早く欲しいのですが、不景気で経済状態もあまりよくなく、もう少し出世してからいろいろと家族計画なども考えています。 家族が増えることにあたって、マイホームも欲しいなと考えていますが、なかなか難しいですよね。 妻とは、いろいろ話あっていますが、まだ貯金もたまらず、二人で暗くなったりしています。 そういう時に、昨年のバレンタインデーギフトで、妻からこの「月の土地」をプレゼントしてもらいました。 正直涙が出る程嬉しかったですよ。 マイホームが欲しくてたまらない時期もありましたが、そういう時にもらったものだったので、 妻の優しさに思わず感動しました。 しかもその規模の大きさに参りましたね。 僕が悩んでいることなんて、こんなにちっぽけなものだったんだと その夜一緒に月を眺めながら妻と二人で再確認しました。 妻の大きい愛情を感じることもできて、本当に感謝です。

 

こんなサプライズなバレンタインデーギフトは初めてだったので、一生忘れることはないでしょう。

 

 

体験談口コミーその3(10代男性)

 

今つき合っている彼女から、バレンタインデーギフトでもらったのが、この月の土地。 すっげーっ! あまりのスゴさに、信じられなかったです。 将来の目標は、家を建てたり、結婚することだったりしますが、 10代で、いきなり月の土地の所有者になったなんて、超自慢です。 友達や親にも権利書を見せたらびっくりしていました。 これは、大切に保管しておかないと。 将来月にも行ってみたいなあ。 とオレの夢は広がります。 何だか男が大きくなったような気持ちです。そういう気持ちにさせてくれた彼女にマジ感謝!

 

バレンタインのギフトには、「月の土地」がいいと思います!

 

 

体験談口コミーその4(20代男性)

 

皆様、月をプレゼントできるって知っていましたか?私は、そんなことができるなんて、月も土地を実際にバレンタインでプレゼントされるまで、全然知りませんでした! でも、もらってびっくり!本当に感動したんですよね。だって、夜、いつも見上げていたあの月が自分のものになったなんて。 勿論、自分のものになっているのは、月の土地のごく一部です。でも、何とも広大で、ロマンチックなことですよね〜!

 

月のプレゼントは、「月の土地」の一部が自分のものになるというもので、アメリカで始まったのだそうです。今や、アメリカでは大流行しているとか。そんなところに気がつくなんて彼女の愛の大きさを感じました。一生懸命に大きくてユニークで、他にあまりないようなプレゼントを選んでくれたわけですから。

 

この月の土地のプレゼントをもらった時には、本当にびっくりしましたね。月の土地が自分のものになるなんて、今まで想像もしていませんでしたから。大体地球上の土地だって購入したことも手に入れたこともないのに、月の土地を購入してもらったなんて、すごすぎる!

 

はっきり言ってこんなにユニークで感動的なプレゼントは、今までにもらったことはありません。その後、自分の家族にも購入してプレゼントしましたが、 みんなが涙を流す程、感動してくれましたよ。

 

「権利書」がついているので、安心です。アメリカの法律でしっかりと定められた月の土地を販売して、権利書を発行するというまぎれもない立派な「地球圏外の不動産業」である、ということですので、信頼できます。

 

もし、プレゼントで何をあげたらいいのか迷っていたりしたら、「月の土地」をプレゼントしてみてください。喜ばれること100%だと思いますよ 。

 

アメリカ発 - 誰もがあっと驚くギフト「月の土地」

クリスマスに月の土地を購入して家族にプレゼント

 

もともとこの月の土地の購入販売は、アメリカで始まったそうです。

 

アメリカでは、クリスマスなど家族や恋人たちにプレゼントを交換するのが伝統となっていますが、そのような毎年送るプレゼントに一体どんな心のこもったプレゼントをあげたらいいのだろう?と言うところから始まったようです。

 

「月は誰のものか?」

 

ということを徹底的に調べ、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかったのです。 つまり宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。 1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立て、受理されたのが始まりです。

 

そして、月の土地は現アメリカルナエンバシー社のCEOアメリカ人のデニス・ホープ氏が販売を始めました。

 

それからしばらくして、正式に月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

 

法律の盲点をついて、正当なビジネスが成り立っているというわけです。 しかもそのビジネスで人々へ夢を売っているわけですから、こんな素晴らしいことはありません。

 

日本にも既に進出しています。会社名はルナエンバシージャパン。こちらの公式サイトでより詳しい月の土地についての詳細がわかります。

 

ちなみにルナエンバシージャパンのサイトには、「月の土地」は、約1200坪が、2700円で買える、と書いてあります。
そんなに高くないですよね。というか、激安です!ユニークな贈り物としても好評なようですね。

 

全世界175ヶ国、約130万人が既に「月の土地」のオーナーとなっているとのこと。世界どこでも眺められる「月の土地」はギフトにオススメです。

 

月の土地購入

 

父の日や母の日に月の土地をプレゼント!

 

 

大事に育ててくれたお父さんやお母さんへ父の日や母の日への感謝をこめて月の土地をプレゼントすることは、アメリカでは、珍しくありません。

 

一年に一度の機会に感動的なプレゼントで、家族を喜ばせたいと考える人は増えているようです。

 

宇宙に存在する月。

 

果てしなく遠いところにあるようで、永遠の存在である月。

 

そんな月の一部を大切な家族へプレゼントするというのは、なんとも素敵なことですね。

 

月の土地購入